ARTWORK(作品解説)

【中年ジャンク】解説

「中年ジャンク」がamazonにて世界発売されましたので、詳細を書いていこうと思います。 世界7ヵ国で発売! 日本での販売はコチラ アメリカの販売はコチラ ドイツの販売はコチラ フラン...
BLOG(お知らせ)

シール雑誌「中年ジャンク」が12月20日に全世界発売

シールと連動した雑誌「中年ジャンク」が12月20日に全世界発売となります。アメリカ、イギリス、スペイン、フランス、イタリア、アジア、日本、など世界数ヵ国での発売! ※言語は「日本語」「English」「繫体中文」の3つです。...
The Story of Otogiak(オトギーク物語)

第1弾 オトギーク ストーリー

宇宙暦xxxx年、第1銀河は太陽を中心とした惑星連盟を築き上げていた。太陽は莫大なエネルギーを資源とする星であるため、連盟の中心的存在として扱われている。 しかしその莫大なエネルギー資源を我が物にしようと企む星があら...
The Story of Otogiak(オトギーク物語)

第2弾 オトギーク ストーリー

オトギークこれまでのストーリーは?コチラ 「貢物を授けよ」 詐欺、アル中、ギャンブル依存、麻薬売買、、、カグヤは地球にある欲望を喰らい、さらなるパワーアップをはたした。 しかし地球の欲望の質は悪いらしく、その影響...
The Story of Otogiak(オトギーク物語)

第3弾 オトギーク ストーリー

オトギークこれまでのストーリーは?コチラ 海深くの海底に存在する城。それが竜宮である。 太陽エネルギーがアポロによる「太陽の玉」によって守られているように、自然界に置ける海や川といった地球の水源は、竜宮の女王【...
The Story of Otogiak(オトギーク物語)

第4弾 オトギーク ストーリー

父である【海蛇王ハクジャ】と共に森へ修行に来た【タツノコ王子】。ここ森林を統治するのは【岩王マウンテン】と【森林女王フォレスト】。 その息子【ウッド王子】は、幼馴染の【タツノコ王子】に見せびらかそうと思い、森の調和を保つ<木...
The Story of Otogiak(オトギーク物語)

第5弾 オトギーク ストーリー

森林に取り囲まれる活火山。そのはるか上空に天候をつかさどるアマテラスは、まつられていた。地球に農作物を与え食料自給率を上げることを目的に、太陽から派遣されたサンヒミコは、このアマテラスを天候の神として崇め、天気予報を人々に伝えるの...
The Story of Otogiak(オトギーク物語)

第6弾 オトギーク ストーリー

天気を操作するアマテラスに装着された「天の玉」を略奪したものの、ランピューターの反撃に返り討ちにされてしまうムーンモモタ。ピーチボットの爆発で「天の玉」と共に火山口の中へと落下してしまう。 サンボットのパワーを弱める...
The Story of Otogiak(オトギーク物語)

第7弾 オトギーク ストーリー

オトギークこれまでのストーリーは?コチラ※第7弾は第3弾から話が続いています。 竜宮城跡地。ムーンウラシマの策略により、統治するものがいなくなった竜宮は無法地帯と化していた。 そんな中、かつてより自分の地位に不満を持ち...
The Story of Otogiak(オトギーク物語)

第8弾 オトギーク ストーリー

オトギークこれまでのストーリーは?コチラ※第8弾は第4弾から話が続いています。 【ムーンキンタ】の森林破壊により、母である【森林女王フォレスト】は枯れてしまい、年老いた父【岩王マウンテン】とともに嘆く【ウッド王子】。「木の玉...
The Story of Otogiak(オトギーク物語)

第9弾 オトギーク ストーリー

オトギークこれまでのストーリーは?コチラ※第9弾は第6弾から話が続いています。 【ムーンモモタ】が落とした「天の玉」を入手するため火山内部に進入した【サンイーグル】であったが、そこには三匹の地底人種(アガルタ・バミューダ・シ...
The Story of Otogiak(オトギーク物語)

第10弾 オトギーク ストーリー

オトギークこれまでのストーリーは?コチラ※第10弾は第7弾から話が続いています。 娘【音姫】の報告で、竜宮城主である【海蛇王ハクジャ】と息子の【タツノコ王子】がたどり着いたときには崩壊した竜宮と、それを利用し戦争ビジネスをし...
The Story of Otogiak(オトギーク物語)

第11弾「オトギーク」ストーリー

巨大宇宙船【タケトリ】に乗り地球へと降り立つ【月女帝カグヤ】。 その目的は、自分の配下にパワードスーツ&戦闘機を授け、 さらなるパワーアップにより、サンボットを破壊することが目...
The Story of Otogiak(オトギーク物語)

第12弾「オトギーク」ストーリー

【巨人モモタ】を操り【サンボット】討伐しようとする【ムーンエンマ】。 現段階で【アマテラス】には<火の玉>が埋め込まれてしまい天候が悪化しているため、 【サンボット】はパワーダウンし本来の力が発揮できずにいる。 【アマ...
The Story of Otogiak(オトギーク物語)

第13弾「オトギーク」ストーリー

とある昔、森で遊んでいた幼女がいたが突然行方不明になってしまう。 その後も事件が続々と発生。 お菓子の誘惑に連れられ行方不明になる男の子や、弟を探しにいった兄までもが行方不明になるという具合だ。 事件を捜査していた射撃...
The Story of Otogiak(オトギーク物語)

第14弾「オトギーク」ストーリー

【ナイチンカーベル】の鐘の音は理性を取り戻す効果がある。 理性を吸収し餌とする怪獣である【冥改造パンドラ】は、どんどん栄養素を失い、 ついにはパワードスーツを破り本体である【冥怪獣パンドラ】の姿を現した。 「礼を言うぜ...
The Story of Otogiak(オトギーク物語)

第15弾「オトギーク」ストーリー

念願の【サンボット】討伐を達成し、月に帰還する【月女帝カグヤ】。 しかし【月女帝カグヤ】が留守のあいだに、 月で増殖を続けている【ウサギ】の大群が空腹に耐えきれずに食料を食い尽くしてしまっていた。 <太陽の玉>を入手し...
The Story of Otogiak(オトギーク物語)

第16弾「オトギーク」ストーリー

いっぽう地球では【巨人モモタ】の体内へ侵入した 【サンイーグル】と【サンヒミコ】が【ムーンエンマ】を探していた。 異変を感知した【ムーンエンマ】は、同化している【巨人モモタ】の細胞へ意識を向け、 【モモタの心臓】と【モモタの...
The Story of Otogiak(オトギーク物語)

第17弾「オトギーク」ストーリー

玉とスーツを失った【ムーンエンマ】は精神と肉体が崩壊し 【巨人モモタ】の栄養素として消滅してしまう!狂暴な鬼だけが残る結果に! 30分の制限時間内に【巨人モモタ】の口内から外へ脱出を試みる 【サンイーグル】と【サンヒミコ】。...
The Story of Otogiak(オトギーク物語)

第18弾「オトギーク」ストーリー

【サンボット】が復活して【巨人モモタ】を打ち破る。 太陽エネルギー略奪計画に失敗し月の資源も大量増殖した【ウサギ】によって食糧危機に! 失態続きの上【ウサキング】のせいで【カグヤの仮面】は剥がされてしまう。 「醜い姿を...
The Story of Otogiak(オトギーク物語)

第19弾「オトギーク」ストーリー

【月女帝カグヤ】は月を地球に衝突させる暴挙に出た。 【太陽帝アポロ】は計画を阻止する命令を【サンボット】(三銃士)に告げ <太陽の玉>を破壊し、太陽四天王を出現させる。 しかしそれと同時に【太陽帝アポロ】は力を蓄えるた...
The Story of Otogiak(オトギーク物語)

第20弾「オトギーク」ストーリー

地球は【サンボット】達の活躍により守られた。 しかしその犠牲はあまりにも大きい。 爆発により腐敗していく月の姿。 自らが<太陽の玉>になるべく【太陽帝アポロ】は凍結。 同時に太陽そのものも凍ってしまった。 このま...
The Story of Otogiak(オトギーク物語)

第21弾「オトギーク」ストーリー

【太陽帝アポロ】のいない今。頼れる先人者は、 ただ1人・・・それは【天空帝ランピュータ】である。 【グランドクロスの石板】が何を示しているのかを調査するため、 【天空帝ランピュータ】は自らの脳を取り出し、 マザーコンピュータ...
The Story of Otogiak(オトギーク物語)

第22弾「オトギーク」ストーリー

レーダーの役割をする【グランドクロスの石板】を 辿り降り立つは地球よりも重力が重い冥王星。 和風ちっくなこの星には<冥界の玉>が落下したようだ。 さっそく玉を探していると、 犬の被り物をした【因子犬武士】に脅しをかけら...
The Story of Otogiak(オトギーク物語)

第23弾「オトギーク」ストーリー

続いてクラウド乗組員達が石板のレーダーに従い向かったのは木星。 ここはガスが渦巻き黒い霧に覆われたジャングル地帯。 どこかに<木の玉>があるはずなのだが? 「あぁ~あぁー!」 奇怪なオタケビとともにツタを握りしめ...
The Story of Otogiak(オトギーク物語)

第24弾「オトギーク」ストーリー

次に向かった惑星は、砂嵐で砂漠と化した火星。 石板レーダーによると、ここには<火の玉>が落ちてきているはずということだが、 宇宙船を着陸させると、すぐにその場所は判明した。 なぜならピラミッドに落ちた<火の玉>が燃え盛...
The Story of Otogiak(オトギーク物語)

第25弾「オトギーク」ストーリー

天王星に到着した【宇宙空母クラウド】だったが 地形が傾いているため着陸は困難を極めた。 この星では地上よりも上空のほうが発展しているらしく、 空飛ぶ鳥人が進化を遂げていると【司令官ランピュータ】は解析している。 しかし...
The Story of Otogiak(オトギーク物語)

第26弾「オトギーク」ストーリー

氷に閉ざされた海王星の人々は自給自足の生活をおくっていた。 【サンシャーク】そっくりの【因子フィッシュ】の話によると、 肉食人種の【原死人】達は、【マンモス】より生み出される。 【原死人】は、【マンモス】を狩り食すが、...
The Story of Otogiak(オトギーク物語)

第27弾「オトギーク」ストーリー

昼は熱く夜は寒い水星は肉体と 精神を極める修行僧の集まる惑星だった。 星全体が巨大な道場となっており、 修行を極めると護符で屍を操る技など様々な術が身につくという。 水星を統治するものは師範代であり、公平なる技の競い合...
The Story of Otogiak(オトギーク物語)

第28弾「オトギーク」ストーリー

雷が鳴り響く金星は【雷光】という老人が権力を握る。 ギャンブル好きで跡継ぎをレースで決める【雷光】だったが優勝賞品の 【雷光の剣】に<金の玉>が装飾されていることを目撃したクラウド乗組員達。 今は予選を通過した最終レー...
The Story of Otogiak(オトギーク物語)

第29弾「オトギーク」ストーリー

【宇宙空母クラウド】が大気が薄く軽い土星に着陸すると、 辺り一面<土の玉>の力で全てが土に返っていた。 草木は枯れ果て食料もない荒野の中、 白骨化したウサギと小型宇宙船を見つける。 それは月から逃げ出した【月野ウサギ】...
The Story of Otogiak(オトギーク物語)

第30弾「オトギーク」ストーリー

惑星へバラバラとなった<玉>を収集し、 グランドクロスの石板へとハメ込む。 しかし<太陽の玉>と<月の玉>が存在しないため、 ホログラム状態として宇宙神グランドクロスが出現。 グランドクロスによると、宇宙神という存在は...
The Story of Otogiak(オトギーク物語)

第31弾「オトギーク」ストーリー

<時野ウサギ>が迷い込んだ新たなる次元。 そこではウサギの姿ではなく、人間の姿となった自分がいた。 ウサギ「???俺はオスのはずなのに!」 なぜかカワイイ姿の【男の娘】のルックスに変貌していた<時野ウサギ>。 ...
The Story of Otogiak(オトギーク物語)

第32弾「オトギーク」ストーリー

表と裏?ともいえる2つの世界が同時展開している物語だが、 第一銀河である今までの世界軸と交互に目を向けていこう。 <カグヤ>の遺伝子を引継ぐ<オロチ>は、 <地底女王蟻巣>と融合して両性具有<アリストオロチ>と変貌を遂げる。...
The Story of Otogiak(オトギーク物語)

第33弾「オトギーク」ストーリー

一方、裏世界で<イソップ>と旅する<時野ウサギ>は、 <地の階層>へとたどり着いた。 各階層は階段のようなもので繋がっており、 世界全体は巨大な建物のようなものである。 二階に位置する<地の階層>は『蟻の巣』のような状...
The Story of Otogiak(オトギーク物語)

第34弾「オトギーク」ストーリー

表の世界には<玉>の所有者が不在の地域がちらほらある。 まず<太陽の玉>と化した<太陽帝アポロ>は、玉の中にいるため、 所有する人物が不在のまま、太陽惑星に玉のみがエネルギーを発する装置として奉納されている状態だ。 <...
ARTWORK(作品解説)

【オトギーク】解説

おとぎ話+ギーク オトギークというタイトルの意味は、「おとぎ話+ギーク(英語のスラングで深い知識を有する者という意味。日本ではオタクと訳される場合もある。)」という部分から名づけた。 これは80年代風の自作シー...
ARTWORK(作品解説)

「厄除け魔除けシール」解説

突然起こったパンデミック!コロナ退散シール 2020年はシール以外の新しい企画をいろいろ考えて準備していたやさき、突然起こったコロナウイルス問題。特定の国ではなく、世界全土がウイルスに侵され、パンデミック状態になるという、ま...
ARTWORK(作品解説)

「オマケ★シール&カード&消しゴム大百科(日本&欧米!60年代:70年代:80年代:90年代:2000年代)全10巻・シール付属」解説

日本&欧米!の駄玩具が集結! 日本と欧米で発売された60年代~70年代~80年代~90年代~2000年代~2020年までのオマケ★シール&カード&消しゴムを解説と写真で振り返る百科事典。 自分の所有するオマケと...
ARTWORK(作品解説)

「出会い記念&名刺シール」解説

<出会い記念シール>とは? 出会い記念シールは、Zineenと出会った人のみが無料で1枚のみ入手できる名刺シールの事。裏書ナンバリングが「汁」で統一されている。 1年を通して制作されて年末の『〇周年記念作品』の...
ARTWORK(作品解説)

「カフェ・ラ・天国」解説

トークショー限定シール! 2018年12月に開催されたトークショーにて限定発売された『カフェラ天国シール』。イベント会場がカフェを貸し切っていたため、このようなテーマのシールになった。名前はケーキなどの名称で裏書には...
ARTWORK(作品解説)

「ゾンビィちゃん」解説

世界に1体しか存在しないソフビと12枚しか存在しないシール! 2018年12月に開催されたトークショーにて限定発売された『着せ替え人形ソフビ&シール』。フィギュア派1点物なので世界に1種類しか存在しない。各自に付属し...
ARTWORK(作品解説)

「ネクロポリスの迷宮(ネクロスの要塞絵師:コラボ作品)」解説

コラボ絵師略歴:「あだちひろし」 『ネクロスの要塞』絵師&原作者であり『天外魔境』原作者(PHチャダ名義)であり、レッドカンパニー創立メンバーの1人でもある。引退した今でも『デンドロギガス』や『ダンジョンチャンプ』な...
ARTWORK(作品解説)

「ラブゴッドバトル(ガムラツイスト・ラーメンばぁ絵師:スタジオメルファン下條美治コラボ作品)」解説

コラボ絵師略歴:「スタジオメルファン(下條美治)」 80年代に発売された数多くのシール「ガムラツイスト」「ラーメンばあ」「魔空の迷宮」「タイムスリップバトル」(下條美治氏担当)他にも「ビックリマンシンクロ」や「ビック...
ARTWORK(作品解説)

「DUNGEON CHAMP(ダンジョンチャンプ)(PC原人・天外魔境原作コラボ作品)」解説

◆ボードゲーム版 ゲーム原作は「あだちひろし」氏(ネクロスの要塞絵師・天外魔境原作者・PC原人原案者)。元々は30弾以上ある「デンドロギガス」がこのままでは物語が終わらないので1つのボードゲームにまとめてシールを付属...
ARTWORK(作品解説)

創界山伝説ザニマネ(封印剣ザニマ・魔神英雄伝ワタル(シール版)絵師:コラボ作品)」解説)

コラボ絵師略歴:「水谷謙太/水谷兼之介」 80年代に東鳩より発売された『封印剣ザニマ』や、現イオン(旧ジャスコ)のPR曄玩具『ジャスコ王子』、カバヤから発売された『魔神英雄伝ワタル・ガム(シール版)』のイラストを担当...
ARTWORK(作品解説)

「え?さかさま!(ビックリマン2000絵師:エサカマサミ・コラボ作品)」解説

コラボ絵師略歴:「エサカマサミ」 名古屋市出身。自動車のインダストリアルデザイナーとしてエクステリアパーツデザインを担当する。その後フリーのイラストレーターとして独立しイラストレーション、キャラクターデザイン...
ARTWORK(作品解説)

「摩訶不思議奇妙話」(みなしごハッチ元アニメーター+Zineenコラボ)解説

コラボ絵師略歴:【ジニマム(ZineeMom)】 2020年で70歳を超える元アニメーター。本名非公開なため名称を勝手につけさせていただいた。学生時代、牧村和美(漫画家)のアシスタントをつとめる。高校卒業後に広告代理...
ARTWORK(作品解説)

「奇想天外伝」(天外魔境絵師:辻野虎次郎コラボ)解説

コラボ絵師略歴:「辻野芳輝/辻野寅次郎」 (1960年5月31日)奈良に誕生。大阪芸術大学映像計画学科卒業。テレコム・アニメーションフィルムのアニメーターとして、アメリカとの合作アニメ『わんぱくダック夢冒険』『新くま...
ARTWORK(作品解説)

「令和シール」解説

◆日本の年号が平成から令和に変更 2019年に日本の年号が平成から令和に変更されたさいに制作したシール。同時期に「さんち祭り」というシールイベントの依頼で、Zineenのシールがショールームで展示される事になっていた...
ARTWORK(作品解説)

「UMA未確党(未確認生物シール)」解説

疑似AI(疑似人工知能)にて作画した最先端シール モスマン、チュパカブラ、ツチノコなどUMA(ユーマ)未確認生物(未確認動物)をテーマにしたシール。実際に目撃談や伝承や噂話などで言い伝えられているが 生物学的には確認されてい...
ARTWORK(作品解説)

「野菜戦士ピーマンの闘い」解説

◆野菜+80年代のミックス系ダブルシール 野菜戦士ピーマンの闘いは(ヒーマンの戦い&サラダの国のトマト姫)をミックスした感じのダブルシールである。カトちゃんケンちゃんのスイカ人間や来来キョンシーズのスイカ頭などをモチ...
ARTWORK(作品解説)

「こまったときのガチャだのみ」解説

◆おみくじシール 80年代の「ガムだのみ」オマージュ。元は「妖怪レスラー(御札版)」で実験テストしてみた結果、人気だったので御札バージョンのシールを作る事にした。 正方形シールの半分サイズなためファイリングもし...
ARTWORK(作品解説)

「忘年会怪」解説

◆忘年会用のオマケシール 忘年会をやる人のためのイベント用オマケシールとして制作。ビンゴの景品などにも使えそうかも?キャラクターによってカラーリング違いがあるのも特徴。 【忘年会怪】ストーリー 忘年会が怪...
ARTWORK(作品解説)

「HACKMAN(ハックマン)」解説

◆香港から依頼されて制作したシール 香港のTOYイベント「FUCKAIJU」用に制作したシール。香港の人から直接オファーがきたため制作した。 外国用なためキャラ名や裏書も全て英語表記にしてある。 ◆香港イベント...
ARTWORK(作品解説)

「スーパーボランティア」解説

◆ボランティアをテーマにしたチャリティーシール 山で遭難し行方不明だった2歳の男の子が78歳ボランティアの男性によって発見された。地元の警察・消防200人体制で捜しても見つけられなかったものをわずか30分で発見。 男...
ARTWORK(作品解説)

「魔剣戦士」解説

◆魔拳ではなく魔剣! 魔拳戦士の杉本屋が新たな解釈として「魔剣戦士ASAGI」という漫画を発表。その後『魔剣戦士クラウドファンディング』として漫画がシール化され、ビックリマン2000のイラストレーター「エサカマサミ氏...
ARTWORK(作品解説)

第3弾「魔拳戦士」解説

◆まけんグミから公式に許可を得てリリース 80年代に杉本屋という菓子メーカーが販売していた「まけんグミ」。その菓子オマケであった「魔拳戦士」の続きとして制作。当時は第2弾までしか発売されなかったため、これは第3弾とい...
ARTWORK(作品解説)

「ファッションアップダウン」解説

◆女の子向けの着せ替えシール 洋服を着せ替えられるようになっている女の子向けのダブルシール。もちろん男子が遊んでも何の問題もない。人物と洋服は透明シールになっていて素材を変化させることが可能。 ◆着せ替えの見本...
ARTWORK(作品解説)

「バスケットモンスターBAKEMON」解説

◆名前のない妖怪モンスターの名付け親になるゲーム 欧米風イラストの正方形シール。もともとはカードデスだと長方形でコストがかかるのと以前の安価な印刷手法が使えなくなったため開発された。 名前のない怪物達に名前を付...
タイトルとURLをコピーしました