作品解説

作品解説

【オトギーク】解説

おとぎ話+ギーク オトギークというタイトルの意味は、「おとぎ話+ギーク(英語のスラングで深い知識を有する者という意味。日本ではオタクと訳される場合もある。)」という部分から名づけた。 これは80年代風の自作シー...
作品解説

「厄除け魔除けシール」解説

突然起こったパンデミック!コロナ退散シール 2020年はシール以外の新しい企画をいろいろ考えて準備していたやさき、突然起こったコロナウイルス問題。特定の国ではなく、世界全土がウイルスに侵され、パンデミック状態になるという、ま...
作品解説

「オマケ★シール&カード&消しゴム大百科(日本&欧米!60年代:70年代:80年代:90年代:2000年代)全10巻・シール付属」解説

日本&欧米!の駄玩具が集結! 日本と欧米で発売された60年代~70年代~80年代~90年代~2000年代~2020年までのオマケ★シール&カード&消しゴムを解説と写真で振り返る百科事典。 自分の所有するオマケと...
作品解説

「出会い記念&名刺シール」解説

<出会い記念シール>とは? 出会い記念シールは、Zineenと出会った人のみが無料で1枚のみ入手できる名刺シールの事。裏書ナンバリングが「汁」で統一されている。 1年を通して制作されて年末の『〇周年記念作品』の...
作品解説

「カフェ・ラ・天国」解説

トークショー限定シール! 2018年12月に開催されたトークショーにて限定発売された『カフェラ天国シール』。イベント会場がカフェを貸し切っていたため、このようなテーマのシールになった。名前はケーキなどの名称で裏書には...
作品解説

「ゾンビィちゃん」解説

世界に1体しか存在しないソフビと12枚しか存在しないシール! 2018年12月に開催されたトークショーにて限定発売された『着せ替え人形ソフビ&シール』。フィギュア派1点物なので世界に1種類しか存在しない。各自に付属し...
作品解説

「ネクロポリスの迷宮(ネクロスの要塞絵師:コラボ作品)」解説

コラボ絵師略歴:「あだちひろし」 『ネクロスの要塞』絵師&原作者であり『天外魔境』原作者(PHチャダ名義)であり、レッドカンパニー創立メンバーの1人でもある。引退した今でも『デンドロギガス』や『ダンジョンチャンプ』な...
作品解説

「ラブゴッドバトル(ガムラツイスト・ラーメンばぁ絵師:スタジオメルファン下條美治コラボ作品)」解説

コラボ絵師略歴:「スタジオメルファン(下條美治)」 80年代に発売された数多くのシール「ガムラツイスト」「ラーメンばあ」「魔空の迷宮」「タイムスリップバトル」(下條美治氏担当)他にも「ビックリマンシンクロ」や「ビック...
作品解説

「DUNGEON CHAMP(ダンジョンチャンプ)(PC原人・天外魔境原作コラボ作品)」解説

◆ボードゲーム版 ゲーム原作は「あだちひろし」氏(ネクロスの要塞絵師・天外魔境原作者・PC原人原案者)。元々は30弾以上ある「デンドロギガス」がこのままでは物語が終わらないので1つのボードゲームにまとめてシールを付属...
作品解説

創界山伝説ザニマネ(封印剣ザニマ・魔神英雄伝ワタル(シール版)絵師:コラボ作品)」解説)

コラボ絵師略歴:「水谷謙太/水谷兼之介」 80年代に東鳩より発売された『封印剣ザニマ』や、現イオン(旧ジャスコ)のPR曄玩具『ジャスコ王子』、カバヤから発売された『魔神英雄伝ワタル・ガム(シール版)』のイラストを担当...
作品解説

「え?さかさま!(ビックリマン2000絵師:エサカマサミ・コラボ作品)」解説

コラボ絵師略歴:「エサカマサミ」 名古屋市出身。自動車のインダストリアルデザイナーとしてエクステリアパーツデザインを担当する。その後フリーのイラストレーターとして独立しイラストレーション、キャラクターデザイン...
作品解説

「摩訶不思議奇妙話」(みなしごハッチ元アニメーター+Zineenコラボ)解説

コラボ絵師略歴:【ジニマム(ZineeMom)】 2020年で70歳を超える元アニメーター。本名非公開なため名称を勝手につけさせていただいた。学生時代、牧村和美(漫画家)のアシスタントをつとめる。高校卒業後に広告代理...
作品解説

「奇想天外伝」(天外魔境絵師:辻野虎次郎コラボ)解説

コラボ絵師略歴:「辻野芳輝/辻野寅次郎」 (1960年5月31日)奈良に誕生。大阪芸術大学映像計画学科卒業。テレコム・アニメーションフィルムのアニメーターとして、アメリカとの合作アニメ『わんぱくダック夢冒険』『新くま...
作品解説

「令和シール」解説

◆日本の年号が平成から令和に変更 2019年に日本の年号が平成から令和に変更されたさいに制作したシール。同時期に「さんち祭り」というシールイベントの依頼で、Zineenのシールがショールームで展示される事になっていた...
作品解説

「UMA未確党(未確認生物シール)」解説

疑似AI(疑似人工知能)にて作画した最先端シール モスマン、チュパカブラ、ツチノコなどUMA(ユーマ)未確認生物(未確認動物)をテーマにしたシール。実際に目撃談や伝承や噂話などで言い伝えられているが 生物学的には確認されてい...
作品解説

「野菜戦士ピーマンの闘い」解説

◆野菜+80年代のミックス系ダブルシール 野菜戦士ピーマンの闘いは(ヒーマンの戦い&サラダの国のトマト姫)をミックスした感じのダブルシールである。カトちゃんケンちゃんのスイカ人間や来来キョンシーズのスイカ頭などをモチ...
作品解説

「こまったときのガチャだのみ」解説

◆おみくじシール 80年代の「ガムだのみ」オマージュ。元は「妖怪レスラー(御札版)」で実験テストしてみた結果、人気だったので御札バージョンのシールを作る事にした。 正方形シールの半分サイズなためファイリングもし...
作品解説

「忘年会怪」解説

◆忘年会用のオマケシール 忘年会をやる人のためのイベント用オマケシールとして制作。ビンゴの景品などにも使えそうかも?キャラクターによってカラーリング違いがあるのも特徴。 【忘年会怪】ストーリー 忘年会が怪...
作品解説

「HACKMAN(ハックマン)」解説

◆香港から依頼されて制作したシール 香港のTOYイベント「FUCKAIJU」用に制作したシール。香港の人から直接オファーがきたため制作した。 外国用なためキャラ名や裏書も全て英語表記にしてある。 ◆香港イベント...
作品解説

「スーパーボランティア」解説

◆ボランティアをテーマにしたチャリティーシール 山で遭難し行方不明だった2歳の男の子が78歳ボランティアの男性によって発見された。地元の警察・消防200人体制で捜しても見つけられなかったものをわずか30分で発見。 男...
作品解説

「魔剣戦士」解説

◆魔拳ではなく魔剣! 魔拳戦士の杉本屋が新たな解釈として「魔剣戦士ASAGI」という漫画を発表。その後『魔剣戦士クラウドファンディング』として漫画がシール化され、ビックリマン2000のイラストレーター「エサカマサミ氏...
作品解説

第3弾「魔拳戦士」解説

◆まけんグミから公式に許可を得てリリース 80年代に杉本屋という菓子メーカーが販売していた「まけんグミ」。その菓子オマケであった「魔拳戦士」の続きとして制作。当時は第2弾までしか発売されなかったため、これは第3弾とい...
作品解説

「ファッションアップダウン」解説

◆女の子向けの着せ替えシール 洋服を着せ替えられるようになっている女の子向けのダブルシール。もちろん男子が遊んでも何の問題もない。人物と洋服は透明シールになっていて素材を変化させることが可能。 ◆着せ替えの見本...
作品解説

「バスケットモンスターBAKEMON」解説

◆名前のない妖怪モンスターの名付け親になるゲーム 欧米風イラストの正方形シール。もともとはカードデスだと長方形でコストがかかるのと以前の安価な印刷手法が使えなくなったため開発された。 名前のない怪物達に名前を付...
作品解説

「変態観測」解説

◆イベント用の引き物シール フェティシュ系イベント「デパートメントH」(デパH)用に制作したシール。 タイトルは天体観測ならぬ変態観測。キャラクターも「SMの女王蜂様」など変態のダジャレとなっているのが特徴。 ...
作品解説

「妖怪けん玉」解説

◆イベント用けん玉 阿佐ヶ谷(現在は高円寺)にある妖怪専門店「大怪店」のイベント用に制作した「けん玉」。彩色カラー版、ゴム素材版、金&銀版が店舗で発売。付属のカードは別途ガチャガチャでも販売された。種類はノーマル4種...
作品解説

「CardDeath・カードデス」解説

◆欧米風トレーディングカード 欧米のカードサイズと同一の大きさ(縦:9cm横:6.3cm)でリリースしたカード。 日本においてはカードダスサイズが定番なため、海外サイズのカードです!という意味でこのタイトルに。 ...
作品解説

【パチギーク】解説

◆80年代における黒歴史「パチ」(偽物)! 80年代における黒歴史「パチ」(偽物)シールをオマージュした作品。 法律問題を回避するためオトギークを作者自身がパチ絵の偽物シールにするというとんでもないシリーズである。 ...
作品解説

【がんばれ大将軍】解説

◆がんばれ大将軍は復興支援シール! 2016年の春。アメリカで原画展を開催中に、日本で熊本の大震災が起こる。そのさい熊本城も崩壊したという記事を拝見し、このシールを企画。売上の一部が復興支援に寄付された。 ◆「死を連想...
作品解説

【鏡のアッコちゃん】解説

◆女の子向けの魔法少女シール 80年代にビックリマンの女の子版「ビックリコ」がリリースされていたので、女の子を主人公にしたオモチャを作ってみた。 鏡をテーマにしているため、全キャラのポージングを同一にして、パーツのみ変...
作品解説

【奇病と希望】解説

◆ニューヨークの原画展で開催したチャリティーTOY 【希望と奇病】(a strong hope against a strange disease)とはZineenがアメリカで開催した原画展にて公開されたチャリティーTOYで...
作品解説

【巫女跳屍(oha!巫女キョンシーズ)】解説

◆80年代の和風ゾンビといえばキョンシー! 霊幻道士や幽幻道士、来来キョンシーズなど、80年代の香港や台湾の映画は爆発的な人気だった。 版権的にどうなのかを調べるとキョンシーの衣装は中国における清の時代の服装で、 時代劇の着物みたい...
作品解説

「デンドロギガス・メタモスの魔城」解説

◆ネクロスの要塞を忠実に再現した原作者公認作品 ネクロスの要塞や天外魔境などで有名な「あだちひろし氏」が原作した玩具をZineenが版権取得してリメイクした作品。 80年代当時のネクロスとゲームルールを統一した...
作品解説

【妖怪レスラー】作品解説

解説 80年代のガチャガチャを代表するのが「キン消し」であろう。プラスチック製のフィギュアとは違う、消しゴム人形(実際に文字は消せない)というジャンルを確立したためコレクターも「塩ビ系ゴム素材」に特化して収集する人が出てくるなど細分化され...
作品解説

【じゃん拳法】解説

◆じゃんけん武道大会 「じゃんけん」をモチーフにした作品。素材はキラ・アルミ・ノーマル。 3流派が最強の拳を競い戦う内容。名前には「グー・チョキ・パー」が必ず入っている。 ◆遊び方 「じゃん拳法!」の掛声...
作品解説

【三丁目のニャンコ】解説

◆ネコをモチーフにしたパズル系シール 80年代におけるネコブーム(なめネコ、うちのタマしりませんか、おニャンコクラブ、etc)をオマージュしている。12種類のシールを組み合わせると「三丁目の地図」が完成。 各自...
作品解説

【ZOMBO BALLS(ゾンボール)】解説

【ZOMBO BALLS(ゾンボール)】制作秘話 ◆ゾンボールの歴史を振り返る ゾンビ+ボールで「ゾンボール」。これは日本でホラーボールとして販売されていたマッドボールのオマージュ作品。 シール&カードの他にフィ...
タイトルとURLをコピーしました