SAMPLE SITE

第26弾「オトギーク」解説

オトギーク


第26弾「オトギーク」制作秘話

◆執筆中

ストーリーは更新されています↓

第26弾「オトギーク」ストーリー

氷に閉ざされた海王星の人々は自給自足の生活をおくっていた。

【サンシャーク】そっくりの【因子フィッシュ】の話によると、 肉食人種の【原死人】達は、【マンモス】より生み出される。

【原死人】は、【マンモス】を狩り食すが、 同じく【マンモス】も【原死人】を食糧として食べるという共食いの輪廻が行われているそうだ。

【因子フィッシュ】のような魚食人種は魚より生まれ魚を食すが、 歳をとれば海に潜り魚の餌となる輪廻を繰り返すという。

それが本来の海王星における自給自足システムなのであろう。

ところが<海の玉>が空から降ってきたことで、 それを拾った【原死人】が食べ物と勘違いして飲み込んでしまう。

本来は知能も低く言葉もしゃべれない【原死人】。

しかし玉を飲み込んだ瞬間から【氷天下】となり【マンモス】を 改造した生物【冷象庫】を作りだしてしまう。

【冷象庫】の腹にある扉からは冷たい冷気がつねに出ており、 その結果として氷河期が到来!短期間で海王星は氷の星に豹変してしまった。

クラウド乗組員達は、【冷象庫】の腹にある扉を閉めにむかっていたが、 その途中に【氷天下】に見つかってしまう。

「我は氷天下。この星を統治する者なり!」

<氷の剣>と<氷の盾>で武装し宙に浮かぶ【氷天下】は問答無用で攻撃をしかけてくる。

「全てを氷漬けにすることこそ我が使命!」

どうやら<氷の剣>で斬られると傷口は凍るようだ。 【タツノコキング】がタツノコソードで流水攻撃をしかけたが<氷の盾>により水柱のまま凍ってしまう。

「氷の弱点は火に決まってる!」

そう言い放つ【サンヒミコ】は水柱を足場に助走をつけてダッシュ! そのまま<火の玉>の力を使い最大限の炎を作り【氷天下】に浴びせて身体ごと溶かす!

「かつて三(SUN)銃士に救われた命の恩返し!因子であろうとも思いを込めていざ!」

見た目が似ているだけの因子達であっても、 過去に助けられた恩人たちに生かされた命を使い、 他の命を救うこともまた恩返しの輪廻なのであろう。

間髪入れずに炎で攻撃すると溶けた 【氷天下】から<海の玉>が出てきた。

【氷天下】は【原死人】の姿に戻ると、 すぐさま【マンモス】狩りへと向かっていった。

【冷象庫】の腹にある扉は閉ざされ氷河期はすぎさり、 海の氷も溶け、再び魚が泳げる状態となる。

自給自足のシステムはこうして元に戻った。

「第27弾」に進む →

ジニーンショップ

第26弾「オトギーク」リスト
ヘッド ノーマル(太) ノーマル(月)
201海王星・海の玉 201ホモサピエンス 201捨て子ザウルス
202マンモス 202ペキン原人 202盗りケラトプス
203冷象庫 203鼻毛ん人 203TBノザウルス
204サンヒミコ 204妬んでるタール人 204不定ラノドン
205氷天下(正体) 205化石原人 205思想鳥
206氷天下(武装) 206光原人 206MBロザウルス
207原死人 207マジメ人間ギャートル 207GBントラプトル
208因子フィッシュ 208高派原人 208ネッシー

PROFILE

日本、米国(NY・マイアミ)パリ、香港などで原画展やグッズ販売を行うTOY-ARTIST。累計シール発行枚数4万枚以上!

お問い合わせ