SAMPLE SITE

第21弾「オトギーク」解説

オトギーク


第21弾「オトギーク」制作秘話

◆執筆中

ストーリーは更新されています↓

第21弾「オトギーク」ストーリー

【太陽帝アポロ】のいない今。頼れる先人者は、 ただ1人・・・それは【天空帝ランピュータ】である。

【グランドクロスの石板】が何を示しているのかを調査するため、 【天空帝ランピュータ】は自らの脳を取り出し、 マザーコンピューターを搭載した巨大宇宙船【宇宙空母クラウド】に移植した。

するといくつかの詳細が明らかになってくる。 まず石板はレーダーの役割をしていて、玉を埋め込めるようになっていること。

石板じたいの模様は【地底女王蟻巣】の尻尾模様と酷似しており、 太古の地球に存在していた生物が彫刻した可能性が高い。

その根拠となるのが<地の玉>である。

ほかの玉は宇宙へと拡散されたのに対して<地の玉>のみ、 地球にとどまり【グランドクロスの石板】にはめ込まれている状態である。

石板には玉を埋め込む箇所がいくつか存在し【グランドクロスの石板】をレーダーとして 玉を探せば、謎の全貌が把握できるのではないかということだ。

光の中から現れた獣たちは「新たなおとぎ話」という言葉を残している。 おそらく違う銀河からきたと推測されるが、玉を石板に設置すれば新たな道が開けると解釈すべきだろう。

このように断片的とはいえ必要な情報が 【天空帝ランピュータ】の脳波に信号として送られてきた。

「石板レーダーに従い玉の収集をはじめよう!」

【天空帝ランピュータ】はクラウド人工知能と融合した【司令官ランピューター】となり、 共に宇宙へ飛び立てる勇者を探すことにした。

選考基準は簡単で、以前に玉を所有していた者たち・・・

【ウッド王子】は、
母の形見である<木の玉>を探しに。

【タツノコキング】は、
父から継承された<海の玉>と姉の【音姫】が封印された<水の玉>を探しに。

【サンヒミコ】は、
代々継承される<火の玉>を探しに。

【白雪戦姫】は、
幼馴染の【ウッド王子】が心配なので護衛として。

【ナイチンカーベル】は、
<冥界の玉>で悲劇が起こらないよう新たな所有者になるために。

【地底女王蟻巣】は、
唯一存在する<地の玉>を所有する代表者として。

【司令官ランピューター】は、
亡き【サンイーグル】が命を懸けて取り戻してくれた<天の玉>を探すために。

各それぞれの思いを胸に秘めつつ、

旅立つ前に、地球と民の命を救ってくれた【サンボット】(イーグル、シャーク、パンサー、四天王)に、 敬礼と黙祷をし巨大宇宙船【宇宙空母クラウド】に乗り込むのであった。

「第22弾」に進む →

ジニーンショップ

第21弾「オトギーク」リスト
ヘッド ノーマル(太) ノーマル(月)
161勇者への追悼1 161アメー婆 161染色隊
162勇者への追悼2 162枠チン 162ウィ留守
163勇者への追悼3 163剣微鏡 163ストップ細胞
164勇者への追悼4 164水戸コンドリア 164テロメア
165勇者への追悼5 165マッチ冒険 165アルコール乱舞
166勇者への追悼6 166リトマ好氏 166フラレスコ
167宇宙空母クラウド 167ノーベル小 167ベビーカー
168司令官ランピュータ 168試験管 168駄シャーレ

PROFILE

日本、米国(NY・マイアミ)パリ、香港などで原画展やグッズ販売を行うTOY-ARTIST。累計シール発行枚数4万枚以上!

お問い合わせ