SAMPLE SITE

第11弾「オトギーク」解説

オトギーク


第11弾「オトギーク」制作秘話

◆執筆中

ストーリーは更新されています↓

第11弾「オトギーク」ストーリー

巨大宇宙船【タケトリ】に乗り地球へと降り立つ【月女帝カグヤ】。

その目的は、自分の配下にパワードスーツ&戦闘機を授け、 さらなるパワーアップにより、サンボットを破壊することが目的であった。

【ムーンウラシマ】に、パワードスーツを授けた後、 森林に向かい【ムーンキンタ】にもパワードスーツを与える【月女帝カグヤ】。

前回の森林戦で<木の玉>を入手した【ムーンキンタ】だが、 【海蛇王ハクジャ】との戦いに敗北。屈辱の怒りで戦闘機【マサカリボット】に乗り込み森林破壊を再びもくろむ。

再び森林に襲来した【ムーンキンタ】を阻止すべく、 【パンサーボット】で駆けつける【サンパンサー】が森林に到着すると、

100万馬力のパワーを発揮した【ムーンキンタ】が大暴れしていた。

【海蛇王ハクジャ】は竜宮城に向かいこの場にはいなく協力者は得られない。 強敵を前に苦戦を覚悟で戦いにいどむ【サンパンサー】であったが、その瞬間<木の玉>から木の枝が伸びてくる。

「あれは!」

驚きの顔とともに、枝の存在に真っ先に気が付いたのは【ウッド王子】。 【ムーンキンタ】に切りつけられて枯れてしまった【森林女王フォレスト】。

そう【ウッド王子】の母であり<木の玉>を所有していた彼女は、 屍となる直前に【ムーンキンタ】に呪いをかけていたのだ。

<木の玉>から枝がグングンと伸び、 やがて身動きがとれなくなる【ムーンキンタ】。

「う、動けない!」

「いまだ!必殺!パンサーサンダー!」

拘束された【ムーンキンタ】の隙をつき、いっきに必殺技を仕掛けた【サンパンサー】。 接戦になると思われた戦いは、瞬く間に決着がついてしまう。

時を同じくして海にある竜宮城では【ムーンウラシマ】の襲撃を、【サンシャーク】が食い止め勝利。

丁度よいタイミングで無線通信から【サンイーグル】の声が鳴り響く…

「こちらイーグル、サンボット合体の準備を頼む!」

【地底女王蟻巣】の姿を元に戻し、【イーグルボット】で火山から脱出する【サンイーグル】。 合体の合図を受け【シャークボット】に乗り込む【サンシャーク】。同じく【パンサーボット】に乗り込む【サンパンサー】。

その光景を前にし、パワーアップのため、わざわざ地球に降り立った【月女帝カグヤ】は、 瞬時に敗北した【ムーンキンタ】に怒りを抑えきれず・・・「カグヤスラッシュ!」という必殺技で【ムーンキンタ】の首を跳ねてしまう。

「天候悪化のサンボットに何ができる!?まだ策はあるわ!」

そう言い放ちながら【ムーンキンタ】の首を持ち上げる【月女帝カグヤ】。 なんと!【ムーンキンタ】の頭皮が離脱し<金の玉>の破片が落ちてきた。

「感じる…感じるぞ!?モモタの肉体に宿りし貪欲の存在よ!そなたの望みを叶えよう!」

火山から飛び出してきたのは【イーグルボット】だけではなかった。

ぐんぐんと巨大化していく鬼の姿!そう【ムーンモモタ】の亡骸に生息吸収した【借金王円魔】が 【月女帝カグヤ】の声に反応して森林地帯にまで現れたのだ。

「その手に持つのは<金の玉>の片割れ!?望みは言わずともがな、 我が肉体の固定化!玉さえあれば体が崩壊せずにすむ!」

【借金王円魔】が【月女帝カグヤ】の交渉に応じようとする。 そして【月女帝カグヤ】は冷静さを取り戻し言い放つ。

「サンボットさえ倒せればたやすい願い。<金の玉>の他にパワードスーツも授けムーンパワーを与えよう!」

こうして交渉は成立し、本来は【ムーンモモタ】に授けるはずのパワードスーツも与え、 【借金王円魔】は【ムーンエンマ】として完全体の姿になる。

両手には<天の玉>と<金の玉>を抱え【巨人モモタ】の肉体を自由に操る【ムーンエンマ】に、 【サンボット】は勝利することができるのか!?

「第12弾」に進む →

ジニーンショップ

第11弾「オトギーク」リスト
ヘッド ノーマル(太) ノーマル(月)
081金の玉(Wシール) 081虎ンシーバー 081盗聴鬼
082ムーンキンタ 082穴運サー 082のぞ鬼穴
083ムーンキンタ(呪) 083寝過ゴシエイター 083交渉人
084フォレストの呪い 084古物小 084フリ魔
085月女帝カグヤ 085ぶつぶつ交換 085ニセサツ
086月女帝カグヤ(首) 086目キキッ 086ガンガン贋作
087サンパンサー 087Gメン 087万引キニ
088イーグルボット 088マフェア 088半グレー

PROFILE

日本、米国(NY・マイアミ)パリ、香港などで原画展やグッズ販売を行うTOY-ARTIST。累計シール発行枚数4万枚以上!

お問い合わせ