SAMPLE SITE

【奇病と希望】解説

【奇病と希望】


【奇病と希望】制作秘話

◆ニューヨークの原画展で開催したチャリティーTOY

もともとは2016年アメリカのNYで「Zineen原画展」として「奇病と希望」を制作したのがはじまり。動画は展示会会場の様子。会場ブースの一角で行われた。

【奇病と希望】

写真は展示会の様子。グッズ販売しているのを外国人の子供が興味津々に見ている。(笑)

【奇病と希望】

実物カラー原画の拡大。みてわかるように原画のみに付属しているシール&カード&フィギュアというものが存在する。 グッズと原画は付加価値が違うのである。

【希望と奇病】(a strong hope against a strange disease)は 実際に存在する奇病をモチーフに「奇病を持つ人の存在は希望にもなりうる」というメッセージをこめて作っている。

そのためこの商品の売上はチャリティーに寄付し、彼らの存在によって他の誰かが救われるという希望の連鎖を表現した。

◆絶望を希望に変換するパワーを持った人々

実際この奇病を患う人々のドキュメンタリーやノンフィクョンなどの資料を見ていると、 ある共通した言葉を彼らが発していた。

「絶望している暇などない!だって人生は短いんだ!」

こうした言葉を奇病を持つ人々は必ず言っている。どんなに絶望的で悲観的な状態においても、 「希望」という言葉を必ず述べていることに気がつく。


多毛症の女性はダンサーになり後ろ指差されるコンプレックスを注目という希望に変えた。

新生児早老症の女性はイジメの経験を元に講演会で演説をして希望に変えた。

神経線維腫症の男性は自分と同じ姿で悩む人のためにHPを開設し病気の情報交換という希望に変えた。

このように絶望を希望に変換するパワーを持った人々は、それを他にも分け与えようとする。それぞれ別の病気で国も異なるにもかかわらず、そこには共通した何かが存在する。 それを俺は「奇病と希望(a strong hope against a strange disease)」と表現した。

彼らは自分にできる事をただやっている。 それにより救われる人がいるのであれば本望だという信念をかかげて生きている。 これこそチャリティーやボランティアの本質なのではないかと思う。

◆氷水を被って寄付?水不足で死ぬ人もいるのにか?

氷水を被って寄付というチャリティー企画が流行したが、これも難病支援を目的としている。 しかしよ~~く考えてみてほしい。水不足で死にそうな人々は世界各国でたくさんいる。 そういう人たちの前で氷水をかぶる事ができるのか?そう疑問に感じた瞬間、ぬるま湯につかった企画としか思えなくなってしまった。

死は唯一無二。誰にでも訪れる。難病で死ぬ人も水不足で死ぬ人も同じはず。 ならば後者を思いやれない人間が前者を救えるのか?だから俺は、そのような企画を考えない。 自分にできることをやるだけだ。今の俺にできることはオモチャを作ること。

俺が「奇病と希望」で紹介している難病奇病を持った彼らは、自ら希望を生み出し、そしてまだ見ぬ他者を救おうとしている。 救われなければいけない対象者自らが、他者を救おうとしている。この連鎖にこそ意味があるのだ。

氷水を被る連鎖などに意味など何もないのである。 ※(少々言葉が過激に思えるかもしれないが、もちろん否定しているわけではなく寄付にたいする企画意図が違うということを言いたいだけなのでご理解いただきたい。)

残るものはオモチャだけではない! 俺はオモチャを作り、そこにあるメッセージを知ってもらう。 コレクターは欲しい作品が手に入り、その売上は病気の人々や被災者の方々の役にたつというわけだ。 こうした連鎖によって残るものは、オモチャという作品だけではない。希望という概念も、心に残るのである。

◆作品内容

【奇病と希望】

日本でのグッズ発売のさいは、中身がわからないランダムのバラ売りで通販された。 今となっては再販していないので貴重といえるであろう。

フィギュアは前面硬質&後面軟質素材。「大きい顔」と「小さい顔」の2種類が付属。現在フィギュアは絶版。

シールはノーマルとキラプリズムがあり、キラの素材は5種類。長方形カードも存在するが現在では原画に付属しているもののみ。

【奇病と希望】

とくになし。

ジニーンショップ

【奇病と希望】リスト
キラプリズム ノーマル フィギュア
※(金・銀・赤・桃・緑)5種 ※(シール) ※(大・小)2種
寄生的結合双生児 寄生的結合双生児 寄生的結合双生児
新生児早老症 新生児早老症 新生児早老症
神経線維腫症 神経線維腫症 神経線維腫症
顎骨腫瘍エナメル上皮腫 顎骨腫瘍エナメル上皮腫 顎骨腫瘍エナメル上皮腫
クルーゾン症候群 クルーゾン症候群 クルーゾン症候群
魚鱗癬 魚鱗癬 魚鱗癬
ヒト乳頭腫ウィルス ヒト乳頭腫ウィルス ヒト乳頭腫ウィルス
多毛症 多毛症 多毛症

PROFILE

日本、米国(NY・マイアミ)パリ、香港などで原画展やグッズ販売を行うTOY-ARTIST。累計シール発行枚数4万枚以上!

お問い合わせ