2018年8月9日:第2弾【鏡のアッコちゃん】についての遊び方解説 | 80年代風TOY-ARTブランド「ジニーン@zineen」

80年代風TOY-ARTブランド「ジニーン@zineen」

2018年8月9日:第2弾【鏡のアッコちゃん】についての遊び方解説

今回のアッコちゃんは素材が豪華です。あと物語を伝えるために仕掛けが複雑になっております。

まず「アッコ=亜子」というタイトル文字に心をつけると「アクコ=悪子」になる(アクコンは悪魂という意味もある)という伏線の回収をしております。

ロゴのアッコの下にはアクコという影がありましたが、これは鏡の世界で<アクコン>が<アッコ>に憑依したことで変身するという人間の二面性などを表現しているわけです。

いわゆる「魔が差す」という言葉をシールで表すことが当初からの目的でした。

<アクコン=鏡の悪子>となるわけですが、このシールは赤プリズムでありながら1枚目は透明シールになっており、<アッコ>に貼り付けることが可能です。

鏡のアッコちゃん

1弾と2弾は連動しているので、1弾(プリズム)&2弾(アルミ)どちらの絵柄にも貼り付けて変身させて遊べますよ。(第1弾の再販版はラミネート加工に再剥離処理をしております。旧版は再剥離処理をしていません。)

<アッコ>を助けるために、ほかの仲間たちは鏡の世界に入り込みます。
ここで前回討伐した魔物のパーツを武装してパワーアップするわけですね。

【合わせ鏡】でアッコを分離させ<鏡女神オッコ>を呼び起こして<アクコン=鏡の悪子>をやっつけます。

このストーリを表すために【合わせ鏡】はミラーシール素材となっており、<アッコ=亜子>版のミラーと比較して<アクコン=悪子>版のミラーでは反転された文字となっております。

鏡のアッコちゃん

ようするにAとBを合わせ鏡状態にすることで、憑依した呪いを解くわけです。

ちなみに「合わせ鏡」は海外の退行催眠の実験などで使われていて、そこから着想しています。
このシールシリーズは「人間の心の弱さ」みたいなものを表現しているので、そういう部分が随所にあるわけです。

<アッコ・イッコ・ウッコ・エッコ>のアルミは、特殊アルミ素材で全員カラーが異なります。
アルミ素材は、プリズムよりも作るのが少し大変で、なおかつ銀プリズム以外は、価格が少し高いのです。(ミラーはもっと高価)

鏡の中の世界を表すためにカラーアルミを使いました。

また、4人の色彩を合わせることで<鏡女神オッコ>を呼び起こしているので、<オッコ>のバックはレインボー素材(プリ&ミラー)になっているというわけです。

鏡のアッコちゃん

名前は五十音の「あいうえお」の<オ>であり、<鏡女神>であるので盾の箇所はミラーとなっております。
ちなみに盾が鏡なのと髪が緑なのはパルテナの鏡を意識した影響です。(笑)

鏡のアッコちゃん

素材もレインボーミラーなので豪華です。

ぶっちゃけプリズムのほうが派手なので高級に感じるかもしれませんが、ハンドメイドで作るにはミラー素材やアルミ素材のほうが高価だったりするんですよね。

今回はミラー素材を多用しているので意外と大変なのです。

鏡のアッコちゃん詳細はコチラをクリック

以上、長くなりましたが最新作の説明でした。
今後とも、よろしくお願いいたします。

« 前のページに戻る



PROFILE

日本、米国(NY・マイアミ)パリ、香港などで原画展やグッズ販売を行うTOY-ARTIST。累計シール発行枚数4万枚以上!

お問い合わせ