2014年12月10日:ホラーボールオマージュ作品ゾンボール開発はじめました。 | 80年代風TOY-ARTブランド「ジニーン@zineen」

80年代風TOY-ARTブランド「ジニーン@zineen」

2014年12月10日:ホラーボールオマージュ作品ゾンボール開発はじめました。

タイトルの読み方は『冷やし中華はじめました』風によんでね。(そんな解説いらない)ゾンボールはホラーボールのオマージュ作品となるので、ホラーボールを知らない人は「80年代資料館」を先に読んでね。

⇒ 【80年代資料館】ホラーボール(マッドボール)解説はコチラ

というわけでゾンビのボールでゾンボールの開発記録をつけていきたいと思う。

タイトルをゾンビボールにしなかったのは、ゾンビボールって手品の道具名なんだよね。ややこしいから、ゾンボールにしたという。(笑)

実は初期版ゾンボールは出来てたのだが、作るのに時間がかかりすぎて開発を見直したのだ。

※画像は初期版ゾンボール

20セット作るのに1ヶ月かかったからね。これだと商品化はできない。

 

そこで、いろいろと考えてバンダイ版ではなく明治版や、パチ版などミックスさせてオマージュしようと思いなおした。

あとカードサイズが、カードダス系なためガチャガチャのカプセルに入らないのも問題だし、とにかく作りなおすことにしたのだ。

 

まずゾンボールの人形だが、ゴム素材にすることが必要である。

もちろん業者に発注すれば早いが、売値価格が高くなってしまう。金型ってアホみたく高いから。数十万円するからさ。それだと種類がたくさん作れないんだわ。

だから俺が考えた手法は、、、



ハンドメイド!(笑)

 

もう毎度おなじみみたいなセリフ。でもね〜皆さん、ハンドメイド化のレベルが違いまっせ!なぜなら、、、



粘土すら自作!

 

さまざまな薬品を調合してオリジナルのゴム粘土を開発したのだ!

粘土だからはじめはベタベタするので、手袋に粉つけて粘土がくっつかないようにする。

色も適当に混ぜてるので同じ色合いはできない。ていうか混ぜ方で色味が変わるのと、色によっては形が見にくくなるので作りながら試してみてる。

画像は、ハナクソをほじっているところ、、、ではなくて鼻の穴を開けているところ。

一応、自分で原型から型を作って量産体制は整えたが、業者と違い細かいところは、すべて手作業でひとつづつ作るしかない。

 

だから微妙に顔が違うけど、そこはゾンビだからいいかなと。(笑)

 

初期版は細かく色を塗ってたが、それだと完成に時間がかかりすぎなため、色はつけないでゴム素材のままにすることにした。

ただし、まだ秘密だけれど、とあるギミックは、ほどこす予定。

とりあえず完成。1日このぐらいしかできないや。

:
:
:

ぜんぜん、量産できてないし、、、(泣)

時間ある日に、いっきに作らないとなぁ。あとは、これに付属するグッズを何にするかを今だに考えている最中。

 

バッジにするか?

カードにするか?

シールにするか?

 

コストと手間の兼ね合いで決めないといけないから。安価な値段で販売するには企業努力がかかせないのです。

« 前のページに戻る



PROFILE

日本、米国(NY・マイアミ)パリ、香港などで原画展やグッズ販売を行うTOY-ARTIST。累計シール発行枚数4万枚以上!

お問い合わせ