第10弾オトギーク・ストーリー | 80年代風TOY-ARTブランド「ジニーン@zineen」

80年代風TOY-ARTブランド「ジニーン@zineen」

第10弾オトギーク・ストーリー

oto-s10

第10弾オトギーク購入はコチラ

オトギークこれまでのストーリーは?コチラ※第10弾は第7弾から話が続いています。

娘【音姫】の報告で、竜宮城主である【海蛇王ハクジャ】と息子の【タツノコ王子】がたどり着いたときには崩壊した竜宮と、それを利用し戦争ビジネスをしかけた裏切り者【平目社長】や【クサーケン】が支配する現場しかなかった。

oto-s10-3

「ハクジャ様、あなたの時代は終わりを迎えたのですよ!金と欲望のパワーさえあれば修行など無意味!」

そう言い放つ【クサーケン】に対し、「裏切り者のぶんざいで、生意気な!」民のためにと竜宮を守ってきた【ハクジャ】の怒りは頂点に達していた。

 

「おっと刃向うのはやめておきな?水の玉は、こちら側にあるんだからな!」

【月女帝カグヤ】によってあたえられた戦闘服パワードスーツに身を包み、戦闘機【タートルボット】で再び竜宮城へと現れた【ムーンウラシマ】が脅しをかける。

oto-s10-1

彼は【湖竜女王マリン】の「水の玉」を目玉に埋め込んだ【デビル芳一】の屍を兜にして被るという陰険な防御手段を取り入れていたのだ。

何を隠そう、海の調和は「水の玉」と「海の玉」によって保たれており、竜宮女王になるということは「水の玉」の中に自らの魂を封じ込めることに他ならない。

つまりは「水の玉」=【湖竜女王マリン】は【ムーンウラシマ】の人質になっているということである。

 

硬直状態の中【太陽帝アポロ】の命令により戦闘機【シャークボット】に乗り込み竜宮救済へと降り立った【サンシャーク】であったが、やはり「水の玉」を人質にとられては手も足もでない。

「さぁ!カグヤ様に献上する海の玉を渡すんだ!そうすれば女、子供の命は助けてやってもいいぞ?」

脅しの中にも要求条件を入れ込んでくる、こうした飴と鞭をうまく使い分け交渉を進めるのが【ムーンウラシマ】の手口。数々の裏工作によって、竜宮崩壊を招いた張本人である。そのとき・・・

「臆することはありません!これより新湖竜女王を娘の音姫に譲ります!あなたも・・・わかってますね?」

oto-s10-4

【湖竜女王マリン】のセリフと同時に「水の玉」は砕けちった!その瞬間【海蛇王ハクジャ】も叫びだす。

「今から海の玉をタツノコ王子へと継承する!受け取れ!」

oto-s10-5

まばゆい光の中、「海の玉」は【タツノコ王子】へと受け継がれ、【タツノコキング】となる。

oto-s10-6

同じく、光を放ちながら【音姫】は新【湖竜女王音姫】となり、その肉体と魂は新たな「水の玉」へと変貌を遂げる。

「うぅぅぅ・・・まぶしい」

【ムーンウラシマ】が光に目をくらませている一瞬の隙をついて【サンシャーク】は一撃必殺技を繰り出した!

「くらえ!シャーククラッシュ!!!!」

oto-s10-2

「水の玉」と「海の玉」のパワーが、シャーククラッシュの攻撃力を高め【ムーンウラシマ】に命中した!

「そ、そんな・・・・」

言葉にならないまま【ムーンウラシマ】は息絶えた。形勢逆転にて裏切り者の【平目社長】は退職。機械化した【鯛長】も高級な体を維持できなくなり衰退。【クサーケン】は逃げ出した。

戦いには勝利したが失ったものは大きかった。

つづく

第10弾オトギーク購入はコチラ

タグ:

m_width 900px 
c_width 800px 
p_tag_side 0px 
tbar #1e73be 
main_header  
side_ds onelp 
bg_c #ffffff 
bg_i  
bgc #ffffff 
bgi  
m_widthw 900px 
c_widthw 800px 
p_tag_sidew 0px 
tbarw #1e73be 
main_headerw  
side_dsw onelpw 
bg_cw #ffffff 
bg_iw  
bgcw #ffffff 
bgiw  

« 前のページに戻る



PROFILE

日本、米国(NY・マイアミ)パリ、香港などで原画展やグッズ販売を行うTOY-ARTIST。累計シール発行枚数4万枚以上!

お問い合わせ